砂糖の摂取は1日25gまでに|コーラ1缶で39g・・・!

肥満や虫歯を予防や健康上のリスクを防ぐためにWHO(世界保健機関)の発表では、砂糖などの糖類を一日に摂取するカロリーの5%未満に抑えるべきだとしています。平均的な成人で25グラム(ティースプーン6杯分)程度です。
コーラ1缶で39g・・・!
缶コーヒーや炭酸飲料の中には、驚くほどたくさんの砂糖が含まれています。例えば、350ml缶のコーラには39g、180ml缶のコーヒーには10~15g、500mlの加糖の紅茶飲料にも30~35gもの砂糖が含まれています。
1日の砂糖摂取量の上限は25gなので、コーラ1缶で軽くオーバーしてしまいます。

 

まずは飲み物から見直してみましょう
市販の清涼飲料水の砂糖の含有量は大変多いものです。そこで、普段気にせずに飲んでしまっているジュースや缶コーヒーの量を減らし、その分は水や、無糖のお茶や無糖のコーヒーなどに切り替えることで、砂糖の摂取量をすぐに減らすことができます。

 

砂糖の過剰摂取は、虫歯の原因や肥満や糖尿病を招く原因となります。

「砂糖の摂取量は1日25gまで」

いま一度、意識して見直してみましょう。

関連記事

  1. 脳のアンチエイジング|脳を活性化して若返り

  2. シミの予防方法と対策

  3. PMSとは?|PMSを緩和する食べ物

  4. 血行促進でアンチエイジング

  5. 日本酒をお風呂にプラス♪|ぽかぽか冷え改善入浴法

  6. 便秘対策には外国産のミネラルウォーターを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA