白湯の美容・健康効果

白湯とは、一度沸騰させたお湯をすすりながら飲める温度まで冷ましたものです。
一度沸騰させることで、口当たりが柔らかくまろやかになります。
アーユルヴェーダの「魔法の飲み物」
インドの伝統医学アーユルヴェーダでは白湯が、ピッタ(火)ヴァータ(風)、カパ(水)の3つの要素のバランスが最も整った「魔法の飲み物」とされています。水を火で湧かし、冷まし(風)ながら作るので3つのエネルギーがすべて入っているのが白湯。 ドーシャのバランスが整い体調が良くなり、日々幸せを感じやすくなるといわれます。
白湯の効果と飲み方
白湯を飲むことで、胃腸が温かい状態に保たれ、内臓が温まることで体温を上げることができます。
体温が1℃上がると免疫力は30%上がり、基礎代謝は10~12%上がります。免疫力が上がれば、風邪やインフルエンザにかかりにくくなり、基礎代謝が上がれば、太りにくく痩せやすい体になります。
他にも冷え症が改善される、内臓機能が活性化し消化作用が促進され便秘が改善される、血液やリンパの流れがよくなり体内で滞っている老廃物の排出を促進してくれるデトックス効果、美肌効果、活性酸素の発生が抑えられるなど、身体に嬉しい効果が沢山あります。
飲むタイミングで最もおすすめなのは、身体に水分が不足している状態の朝です。睡眠中に濁った血液をサラサラにしてくれる効果もあります。
寝起き以外にも朝・昼・夕の食事前、入浴後に飲むとより効果的です。1日に飲む量はコップ5~6杯(700~800ml)程度を目安にしてください。

さいごに

白湯を飲むだけという、簡単な健康法です。美容・健康のために是非、今日からでも白湯を飲んでみてください。

関連記事

  1. 目の疲れを取る方法

  2. 冷え性改善に|じわじわ大量発汗が気持良い『ハマム浴』

  3. 脳のアンチエイジング|脳を活性化して若返り

  4. 砂糖の摂取は1日25gまでに|コーラ1缶で39g・・・!

  5. 血行促進でアンチエイジング

  6. 日本酒をお風呂にプラス♪|ぽかぽか冷え改善入浴法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA