正しいシャンプー方法で美髪を育てる

毎日繰り返し行うシャンプーケア。日々間違った方法で行ってしまうと、髪や頭皮の傷みの原因となり、髪の状態を大きく左右します。さっぱり汚れが落ちそうなのでと、ついゴシゴシとこすってしまう方も多いと思いますが、無理力を入れたり強い摩擦はNGです!

ここでは、健やかな美髪を育むシャンプーの基本の方法をご紹介します。是非、参考にしてみてください。

美髪を育てる基本のシャンプー方法

①ブラッシングをして大きな汚れを落とす
シャンプーをする前に、乾いた髪の状態でまずは優しくブラッシングします。髪や頭皮に付着した埃や、大きな汚れはブラッシングでもある程度落とせるので、後のシャンプーの負担を減らし、このひと手間が大切になります。頭皮の血行も良くなり、髪の絡みも取れてシャンプーの泡立ちも良くなります。
②プレシャワーリング(予洗い)
頭皮にシャワーヘッドを当て、2~3分程かけて毛先へと向かってじっくり汚れを流していきます。ただ濡らすのではなく、流すという感覚で行ってください。髪の汚れは、このプレシャワーリングだけで70%位は落ちてしまいます。この工程を入れることで、髪への負担のかかるシャンプー剤も少量に抑えられます。予洗い後は、髪を手の平で押さえるように毛先に向けて水気を切ります。
③シャンプーを丁寧に塗布する
シャンプー剤をそのまま髪につけるのではなく、まずは手の平でシャンプーとお湯を混ぜて泡立てます。泡立てたシャンプー液を、頭皮全体へ行き渡るよう数箇所へ丁寧に塗布していき馴染ませます。プレシャワーリングで大半の汚れは落とせているので、油分のあるヘアスタイリング剤などが付いていなければ洗い過ぎなくても大丈夫です。汚れの多い時だけ二度洗いをするといいでしょう。
④優しく洗浄する
指の腹を使い、頭皮全体をマッサージするように優しく洗浄します。泡が汚れを吸着してくれるので、爪を立てたり無理にゴシゴシしないように気をつけましょう。
⑤しっかりとすすぐ
シャワーヘッドを頭皮につけて、揉み流しながら泡を落としていきます。シャンプーが残らないよう、手櫛を入れながら時間をかけて根元からしっかりとすすぎます。熱すぎるお湯は、必要な油分まで洗い流してしまい乾燥を招きます。38~40℃のお湯に設定しましょう。また、シャンプー剤が頭皮や髪に残ったままだと、フケやかゆみ・炎症の原因となります。ぬるめのお湯でしっかりとすすぎ切りましょう。


⑥タオルドライ
手の平で押さえるように水分を切った後にタオルドライをします。髪をポンポンとタオルではさむようにして、こすらず優しく水分を取ります。ドライヤーの時間を減らし熱負担を軽減するためにもここはしっかり行いましょう。
 

⑦ドライヤーで乾かす

髪の毛が濡れたままの状態でいると、その水分が蒸発する際に体温が下がり血流が悪くなり、頭皮に十分な栄養が行き渡らなくなり髪の毛の成長が阻害されてしまいます。また、生乾きで湿度の高い状態が長く続くと、頭皮にいる常在菌という細菌が必要以上に繁殖し、頭皮が炎症などを起こし薄毛になる可能性も高まります。自然乾燥が、薄毛や抜け毛を進行させる原因になることを知っておきましょう。

毎日のドライヤーも、間違った方法で行っていると、頭皮や髪に熱ダメージを与えてしまいます。髪の毛の主成分であるたんぱく質は、高温で劣化してしまうため、なるべく低温に調整しながらかけていくのがポイントです。ドライヤーは一個所に集中的に当て続けることのないよう、ドライヤーを動かしながら、手で髪を揺らしながら根本から丁寧に乾かしていきます。最後に、冷風を上から下に向けて当てて仕上げることで、キューティクルが整い、髪の広がりが押さえられ、艶が出るので行ってみてください。ドライヤーを当てる前にアウトバストリートメントをつけることで、ドライヤーの熱ダメージの負担を減らすことができたり、マイナスイオンドライヤーに変えることで傷みを和らげ艶が出せるなど、様々な工夫ができそうです。傷みの進行具合や髪質など自分に合った方法で工夫してみるといいですね。

さいごに

ご自身のシャンプー方法はいかがでしたか?日々行うものですがら、正しいシャンプー方法を見直して、大切な髪や頭皮を健やかに育てていきしょう。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 目の疲れを取る方法

  2. PMSとは?|PMSを緩和する食べ物

  3. シミの予防方法と対策

  4. 脚のむくみの原因と解消法|むくみのない美脚をつくる

  5. 幸せホルモン「セロトニン」の分泌を増やす方法

  6. 血行促進でアンチエイジング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA