ストレッチと柔軟体操の違い

いろんな見解がりますが、大きなくくりでは一緒だと考えます。

ストレッチには大きく分けて二つに分けられます、

静的ストレッチ(スタティックストレッチ)

動的ストレッチ(バリスティックストレッチ)

筋肉を静かに同じ姿勢で伸ばし続ける静的ストレッチがストレッチと呼ばれるもので、弾みをつけて、反動で筋肉を伸ばす動的ストレッチが柔軟体操と思われているものです。

ストレッチは目的によって使い分けすることで最大限の効果を得ることができます。

血液循環促進、ダイエット、体が柔らかくなる、そしてリラックス、さらに関節可動域の拡大と様々な効果があります。

柔軟体操は反動で筋肉を伸ばすので、短時間で関節可動域が広がりますが、痛みに耐えて行ったりしますので、リラックス効果も期待できません。



関連記事

  1. ほぐしっ家田町店10月11日NEW OPEN!!

  2. ツルツル毛穴レスな肌! 毛穴をなくす方法

  3. 食事で疲れを取る!|疲労回復効果のある食べ物

  4. スタティックストレッチとは

  5. じんわり筋肉を温めてコリ解消!|陶板浴とは?

  6. デトックスの効果とは?|デトックス効果のある食べ物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA